食費・寮費・光熱費が無料の仕事

食費・寮費・光熱費が無料の仕事

リゾートバイトの求人を見ると、寮費や光熱費が無料で食事もついている職場を見かけることがあります。応募者にとっては嬉しい限りの求人ですね。

ここでは、食費・寮費・光熱費が無料のリゾートバイトについて掘り下げてみます。

スポンサードリンク

食費・寮費・光熱費無料!稼げるリゾートバイトとは?

ここ数年のリゾートバイトは、食費・寮費・光熱費などバイト期間中の生活費の実質負担がゼロになるという仕事が主流になっています。

この場合だと、さほど高時給でなくても貯金が出来るため、「リゾートバイト=稼げる」というイメージが浸透したのでしょう。

しかし、全てのリゾートバイトで生活費が掛からないわけでは無く、寮費などの一部が自己負担というケースもまだまだあります。

では、どういった場合に食費・寮費・光熱費が無料になるのでしょうか?

派遣会社に紹介される仕事

現在、リゾートバイトを探す時のメインルートになっているのは派遣会社(アプリ、ヒューマニックなど)です。派遣会社を通してのお仕事の場合、ほとんどのケースで食費・寮費・光熱費が無料になります。

このようなスタイルでの仕事紹介を始めたことで、バイト希望者の応募が集中し、派遣会社はリゾートバイトを取り巻く環境で一気に中心になりました。実質的な生活費がほぼゼロのため、派手に遊び過ぎなければ貯金もそれなりの額になります。

つまり、お金が稼げるというのは全てのリゾートバイトに当てはまるわけでは無く、大体は派遣会社経由の仕事というわけです。

多くはないものの、食事が3食では無く2食付のケースなども中にはありますので、派遣会社担当者からの事前説明はしっかり聞いておくことが大事です。

求人サイトで自分で見つける仕事

求人情報誌やそのWebサイトから自分で仕事を探す場合も、食費・寮費・光熱費が無料の求人を見つけることが出来ます。派遣会社が抱える求人件数と比べると、求人の絶対数が少ないこともあり、完全に生活費無料の仕事も多くはありませんが、最近はだいぶ増えてきた印象です。

しかし、派遣会社の場合とは違い、特に記載が無い場合は食費や寮費は自己負担となります。また、それらの情報は応募前に自分自身でチェックする必要がある点も要注意です。後になって「リゾートバイトなら生活費が掛からないと思ってたのに…」と言っても遅いですよ。

一番多いのが、生活費を一部負担するケース。例えば、寮費+光熱費で月10,000円負担や、出勤日の昼食のみ支給といった形ですね。完全無料ではありませんが、それでも普通に生活するよりはだいぶ安く上がるのは事実。仕事内容や勤務地などが自分の希望に近い場合は、一部負担でも充分ありでしょう。

地域や職場の規模によっては自己負担も

リゾートバイトでは多くの雇用先が食費・寮費・光熱費無料を打ち出しているものの、沖縄の離島などにある小さな職場は例外です。寮費と光熱費で月に1~2万円、そこに食事が付く場合は合計で3万円程度の出費になるはずです。給与も低めに設定されていることが多いため、貯金は難しいと考えた方が良いでしょう。

ただしこのようなケースでは、職場のロケーションが抜群に良い(海がキレイなど)ことも多いため、お金よりも思い出づくりやリゾート地での生活そのものに重点を置く人からは人気があります。

生活費が無料であることに越したことはありませんが、バイトとしての楽しさややりがいも重視したいのがリゾートバイトです。自分がバイト先に何を求めるかを考えた上で仕事を選ぶことも大切です。

リゾートバイト初心者にやさしい派遣会社は?

リゾートバイトが初めてなら、派遣会社を利用するのが安心です。

当サイトでは、リゾバ経験者約70名を対象に行ったアンケートを元に、初心者におすすめの派遣会社ランキング(←詳細はこちら)を作成しました!

第1位

アプリ

(公式サイト:はたらくどっとこむ

業界大手としての幅広い求人と、担当コーディネーターの丁寧なケアで、リゾバ経験者から高い評価を受けているのがアプリです!

【詳細ページおすすめの派遣会社を一社挙げるなら、アプリ。

第2位

ヒューマニック

(公式サイト:リゾバ.com

リゾバ派遣業界の老舗&最大手ヒューマニック。業界最多の求人件数と仕事ジャンルの幅広さが魅力!

【詳細ページ⇒最大手のリゾバ派遣会社・ヒューマニックとは?

第3位

アルファリゾート

公式サイトはこちら

個室寮の多さ、高時給の仲居求人が豊富な点で、女子を中心に評価が高いのがアルファリゾートです!

【詳細ページ⇒女子のための派遣会社・アルファリゾート

このページの先頭へ