社員登用を目指す方法や難しさ

リゾートバイトで社員登用を目指す

リゾートの観光業はとても魅力のある仕事です。バイトから社員登用を目指したいという人もいるでしょう。

ここでは、ホテル等の宿泊業やダイビングショップ等のレジャー業で、アルバイトから正社員を目指すプロセスやその難しさについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

社員として働くには憧れだけでなく努力が必要

リゾートバイトを経験すれば分かるはずですが、ホテルでもレジャーでも、ほとんどの仕事がお客様の笑顔に直結し、感謝していただけることも多く、非常にやりがいに溢れています。

バイトを経験していなくても、リゾートで接客を受けて感動し、「自分もこんな仕事がしたい!」と思った人は多いでしょう。

しかし何事もそうですが、仕事をするということは簡単では無く、肉体的にも精神的にも努力が必要です。そのことを踏まえた上で、ここからの内容に目を通してください。

はじめは業界を知るところから

まず、業界の事を全く知らない状態で、社員を目指すのはリスクがあります。どの仕事も少なからずそうですが、リゾートの仕事は特に現実と理想のギャップが大きいです。表側は華やかに見えますが、裏では地味な仕事が非常に多く、金銭面でも報われることは多くありません。社員を目指すのであれば、希望する以外の仕事もたくさんしなくてはならないでしょう。

いきなり「社員を目指す」とは決めずに、バイトの段階では仕事を経験し、その業界の表も裏も知った上で、それでもなお働きたいと思えるのであれば、社員登用を希望すれば良いと思います。

また、雇用期間が決まっているところがリゾートバイトの便利な点でもあります。ホテル希望ならば、ホテルを何か所かバイトで回るのも良いでしょう。あえて職種を絞らずに色々と経験してみるのも面白いですね。

そして、職場では人間関係も大切ですので、自分に雰囲気が合っていると感じた職場で、社員登用を希望している旨を上司に伝えてはいかがでしょうか。これは、既に業界での勤務経験がある人でも同じです。

認められる人材になろう

いくら正社員になりたいと思っても、雇用主側は希望した人を必ず登用するわけではありません。

当たり前ですが、社員として登用するかどうかは会社が決めるのです。戦力として計算出来たり、将来性を買われたりしなければ、声が掛かることは無いでしょう。

社員登用を視野に入れているのなら、リゾートバイトの楽しい部分はお預けでもいいという覚悟で、とにかく積極的に仕事に取り組みましょう。仕事はほとんどが接客業務なので、先輩社員からホスピタリティや接遇を学ぶことです。

また、「休みが少ない、希望通りじゃない」「残業が多い」など、バイトの時点で不平不満を言うような人は、残念ながら正社員には向いていません。宿泊業もレジャー業も、正社員の労働条件はお世辞にも良いとは言えず、その中で皆頑張っているのです。

直接的なスキルに関しては、ほとんどの場合、後からでも身に付きます。大事なのは人間性や適性の部分です。加えて、いずれ現場を仕切るための、全体を見るための考え方でしょう。

仕事への姿勢や努力が評価されれば、現場の上司が会社へ上申してくれるかもしれません。

業種も考える必要がある

業種によっては社員登用が難しい場合もあるので、事前の調査はしっかりと行いましょう。

必ずではないものの、ホテルや旅館などではバイトからの社員登用は多くありません。新卒の他、同業他社&異業種で接客経験のある中途採用の社員さんが多く、一般的にバイトからの社員登用は狭き門と言えるかもしれません。

それでも、レストランなどの飲食部門では社員登用が多くなる場合もあるようです。リゾートバイトの勤務先を選ぶ際には、自分の希望職種で社員登用があるのかを調べておく必要があります。

一方で、社員登用が多い例としては、沖縄のレジャー業界などがあります。ダイビングやシュノーケリングのインストラクターを目指す人にとって、リゾートバイトは近道になると言えます。しかし、一般的に体力重視の仕事でもあり、将来の独立を視野に入れなければ、定年まで続けることは難しいでしょう。離職率の高さが、そのまま社員登用の多さに表れているということでもあります。

社員登用を希望するという事は、その業界で本格的に仕事を続けていきたいという意志の表れだと思います。業種や職種の調査は必ず行い、将来的なビジョンを持って勤務先を決めるようにしましょう。

社員登用以外の道も探る

いくら頑張っても社員登用は確実に保証されるわけではありませんので、それ以外の可能性も合わせて探っておく方が現実的です。

視野を広く持って、他のホテルや、別の形で旅行業・観光業に関わる道も考えていくべきでしょう。アプローチは違っても、やりたいことは同じように実現できるというケースはたくさんあるはずです。

例えば、ホテルマンと同じように旅行の現場に立つ仕事として、ツアーコンダクターがあります。お客様の旅行の進行をお手伝いして、時にはアクセントをくわえたり、トラブルを解決していくことが求められます。

その結果得られるのは、旅行全体や旅先での体験を通して得られるお客様の特別な感動であり、笑顔です。これはホテルなどの宿泊業で経験できる喜びと似ていますし、場合によってはそれ以上のやりがいが得られるでしょう。

社員登用を目指して頑張ることも素晴らしいですが、あなたが仕事を通して本当にやりたいことが何なのかを考えて、他の可能性を用意しておくことも大事だと思います。

なお、ツアーコンダクターを未経験の状態から目指すことが出来る会社として、旅行綜研があります。ツアーコンダクターを育成し、大手旅行会社のツアーに派遣する会社ですね。

ツアーコンダクターは随時募集しているので、興味がある方は説明会に参加されると良いと思います。

リゾートバイト初心者にやさしい派遣会社は?

リゾートバイトが初めてなら、派遣会社を利用するのが安心です。

当サイトでは、リゾバ経験者約70名を対象に行ったアンケートを元に、初心者におすすめの派遣会社ランキング(←詳細はこちら)を作成しました!

第1位

アプリ

(公式サイト:はたらくどっとこむ

業界大手としての幅広い求人と、担当コーディネーターの丁寧なケアで、リゾバ経験者から高い評価を受けているのがアプリです!

【詳細ページおすすめの派遣会社を一社挙げるなら、アプリ。

第2位

ヒューマニック

(公式サイト:リゾバ.com

リゾバ派遣業界の老舗&最大手ヒューマニック。業界最多の求人件数と仕事ジャンルの幅広さが魅力!

【詳細ページ⇒最大手のリゾバ派遣会社・ヒューマニックとは?

第3位

アルファリゾート

公式サイトはこちら

個室寮の多さ、高時給の仲居求人が豊富な点で、女子を中心に評価が高いのがアルファリゾートです!

【詳細ページ⇒女子のための派遣会社・アルファリゾート

このページの先頭へ