海で働きたい人が知っておくべき7つの注意点

海のリゾバの注意点

海でのリゾートバイトに憧れている人も多いと思います。しかし、楽しい裏にはそれなりの苦労があったりもするのが海バイト。

今回は海で働きたいという人に知っておいてほしい注意点を7つご紹介します。

スポンサードリンク

海のバイトの落とし穴とは…

夏のリゾートバイトと言えば海での仕事がまず頭に浮かぶと思います。代表的なリゾバと言っても良いくらい、とにかくメジャーなイメージがある海バイトですが、意外に知られていない落とし穴が多いのも事実。

リゾートバイト経験者にはよく知られていることもあるはずですが、ここでは海のリゾバの勘違いされやすい部分を紹介します。バイトを決めてから失敗したと思わないように、以下の点は最低限押さえておきましょう!

 

①「海の家」の仕事はほとんど無い

海辺で働くリゾートバイトは、沖縄をはじめとする南の島での仕事がほとんどです。多いのは大型リゾートホテルの各職種、そしてマリンレジャー業者のスタッフですね。

海のリゾートバイトと言うと、近場の海水浴場にもある「海の家」の仕事を想像する人が多いと思うのですが、これはかなりのレア案件。「海の家」のスタッフが普通に募集されているのを見かけることはあまりありません。

というのも、「海の家」では現スタッフからの口コミや紹介など、近場から人が集められるケースが多いためです。また、場合によっては経営者が堅気ではないと言うか、コワいお兄さんだったりすることもあり、派遣会社や求人誌など一般のルートには求人が上がらないんですね。

そのため、「海の家」的な仕事をしようと思うのなら、沖縄のリゾートホテルのビーチスタッフなどの求人を探すことになるでしょう。件数は少ないですがビーチ管理会社のスタッフなどもありますね。沖縄以外なら、海辺のペンションや旅館で働けば、ビーチボーイ&ガールに近い雰囲気を味わえると思います。

②労働時間は長め

海のリゾバの労働時間は?

海関係のリゾバに共通して言えるのは、労働時間が長めだということ。特にマリンレジャーやビーチスタッフなど、直接海へ出る仕事の場合、準備や後片付けも含めて朝7時頃から夜の7時頃まで勤務するケースもあります。海への情熱が無い人は、仕事中にマイナス発言が出てしまうかもしれません。

「海の雰囲気は味わいたいけど、ハードな仕事はちょっと…」という人の場合、大型のリゾートホテルなどで、きちんとしたシフトのある職種に就きましょう。レストランのホールやフロント・ベル係などの場合、海へ入ることはありませんが、海辺のホテルならば適度に海を感じながら働くことが出来ます。

③給料が安い

長時間労働に加えてキツイ条件になりますが、海の仕事は全体的に給料が安い傾向にあります。これは海の仕事というだけでなく、勤務地が沖縄ということで賃金が低く設定されているケースも多いですね。低賃金の沖縄では、海以外のリゾバでも時給は700円台が普通です。

海辺の仕事で少しでも多くお金を稼ぎたいのなら、ホテルの調理など、稼げる職種を選ぶことをおすすめします。

④遊び要素は少ない

海のリゾバは遊べない?

海のリゾバと言うと、とにかく楽しいイメージがあると思いますが、実のところ遊び的な部分は少ないのが普通です。中には理想とのギャップを感じてしまう人もいるでしょう。まあ、遊びでは無く仕事ですから当然と言えば当然ですね。

きちんとした会社ほど、「軽薄なイメージを持たれがちな仕事だからこそ、真面目に丁寧に仕事をするように」というようなスタッフ指導を行っています。

「今の時間帯はヒマだから、海で遊んできていいよ」なんてことは無いと思って良いでしょう。逆にそういったことがある会社は、給与の支払いなどについても、同じようにルーズだということがありえます。

⑤日焼けは本当に注意

海でのリゾートバイトで気を付けたいのが日焼けです。毎年必ずいるのが、焼き過ぎてしまうバイトスタッフ(特に男子)ですね。痛くて仕事にならないばかりか、急な日焼けで体調まで崩すケースがありますので本当に要注意です。

日焼けをしたくない人はもちろんですが、日焼けしたい場合でも日焼け止めは塗るようにした方が良いでしょう。急激に焼かず、少しずつ海辺の太陽に皮膚を慣らしていきましょう。ある程度日焼けが進行したら、日焼け止めを塗らなくても大丈夫なようになります。とは言え、むやみに日向に出っぱなしになるのは控えるべきです。

⑥出会いに浮かれないこと!

恋愛に浮かれないこと!

マリンレジャーインストラクターやビーチスタッフなど、実際に海に出る職種の場合は特にそうですが、ゲストとの出会いがとにかく多くなります。「一緒に写真撮ってもらえますか?」とお願いされることもよくありますし、美男美女の人ならナンパ(or逆ナンパ)されることだってあります。

舞い上がってしまいがちな状況ですが、リゾートバイトではどんな職場でもゲストに手を出してしまうのは原則NG。軽めの雰囲気のマリンショップでもそうですし、大手のリゾートホテルなどではもってのほかです。スタッフ同士の恋愛はOKというケースはよくありますので、バイト同士で彼氏・彼女を探しましょう。

⑦それでもバイトの満足度は抜群

ここまでの話だと、海バイトはしんどいことや意外と面倒なことが多く感じるかもしれません。それでも、その満足度は数あるリゾートバイトの中でトップクラスなのです。

低賃金・長時間労働で、思ったよりも遊べなかったとしても、海辺で働ける充実感や同僚とのつながりは海のリゾバならでは。ほとんどの人が良い思い出を作って地元へ帰っていきます。

そもそも、海の仕事を求めている人は、お金などの目に見える部分よりも、海で過ごす時間や友達との思い出といったプライスレスな価値を大事にする傾向があるんですね。せっかく美しい自然を目の前にして働くわけで、細かいことをセコセコ気にするよりは、その経験自体をより良いものにしようと考えた方が得策かもしれません。

リゾートバイト初心者にやさしい派遣会社は?

リゾートバイトが初めてなら、派遣会社を利用するのが安心です。

当サイトでは、リゾバ経験者約70名を対象に行ったアンケートを元に、初心者におすすめの派遣会社ランキング(←詳細はこちら)を作成しました!

第1位

アプリ

(公式サイト:はたらくどっとこむ

業界大手としての幅広い求人と、担当コーディネーターの丁寧なケアで、リゾバ経験者から高い評価を受けているのがアプリです!

【詳細ページおすすめの派遣会社を一社挙げるなら、アプリ。

第2位

ヒューマニック

(公式サイト:リゾバ.com

リゾバ派遣業界の老舗&最大手ヒューマニック。業界最多の求人件数と仕事ジャンルの幅広さが魅力!

【詳細ページ⇒最大手のリゾバ派遣会社・ヒューマニックとは?

第3位

アルファリゾート

公式サイトはこちら

個室寮の多さ、高時給の仲居求人が豊富な点で、女子を中心に評価が高いのがアルファリゾートです!

【詳細ページ⇒女子のための派遣会社・アルファリゾート

このページの先頭へ