リゾバの寮生活ってどんな感じ?

リゾートバイトの寮生活

リゾートバイトは住み込みのアルバイトですので寮で生活をすることになります。

一体、寮生活とはどんな感じなのでしょうか?

スポンサードリンク

寮生活のルールや規則

リゾートバイトは原則として高校生不可ですので、基本的に社会人の職場という扱いになります。寮生活についても、各自が大人としての節度を求められるわけですね。

社員寮

専用の社員寮の場合は、門限や部外者の立ち入り禁止規則(名簿に記帳すればOKな場合も)などはありますが、それでも学生寮のような厳しさはありません。

男女の寮区分については、男女別の建物になるか、もしくは同じ建物であれば階が別になります。

また、寮長や管理人さんがいる場合は、ルールに対してシビアになる一方で、安心感もあるでしょう。

一般施設や客室

一般のマンション・アパートの1室を寮として使う場合や、民宿やペンションのバイトで客室に寝泊まりするケースでは、ルールはより臨機応変なものになります。

地域住民の方やお客様と同じ環境で生活することになりますが、うるさくし過ぎない、汚くし過ぎない、ゴミ出しのマナーを守るなど、社会人として常識に沿った生活をしていればまず問題は起きないでしょう。

メリット・デメリット

専用の寮の場合、自由度は多少制限がありますが、友達が作りやすいことや寮費・光熱費・食費が無料のケースが多いことなどメリットも多くなります。

一方アパートや客室を使う場合、規則は緩めになりますが、アパート家賃を徴収されたり、他の住民やお客様への気遣いが必要な場合もあります。

また、日々の生活スタイルは寮が個室か相部屋かによっても変わってきます。個室が人気ではあるものの、どちらのタイプでも最終的には充実したバイトライフを送れますので、あなた自身がリゾートバイトに何を求めるかを考えて決めると良いと思います。

通勤手段

専用バスで通勤

 通勤スタイルは寮周辺の環境によって変わってきます。

寮の近くに職場があれば各自徒歩で通勤になります。遠い場合は、職場規模が大きければ通勤用シャトルバスが出ていることもありますし、小さめの職場であれば数人がまとまって車(社用車or社員さんの車)に分乗して通勤というケースが多いですね。

徒歩15分程度の距離であれば徒歩通勤をするよう指示されることが多いようですので、「歩くのが嫌」という人や「夜間の出退勤が不安」という人は、あらかじめ寮の周辺環境も調べながら仕事探しをしましょう。

リゾート施設によっては駐車場に限りがあるため、社員以外はマイカーや自転車での通勤がNGとなっていることもあります。

待機時間(中抜け)

ホテル・旅館などの宿泊業では、中抜けという独特の休憩のスケジュールがあります。

宿泊施設では、多くのお客様が朝食後にはお出掛けをされ、夕方まで戻らないケースが多いため、スタッフ達はシフト制で4~5時間程度の昼休憩を取ることが出来ます。これの休憩を中抜けと呼んでいるんですね。

中抜け時にはアクティブに海やゲレンデに出掛ける人も多いのですが、寮に戻って勉強や仮眠をすることも可能です。中抜けの後は夕方から再出勤になるので、相部屋のルームメイト同士のシフトが違う場合など、お互いの休憩時間に影響が出ないような気遣いが必要です。

寮での食事

寮の規模が大きく、自社専用の建物の場合、従業員食堂があることが多いですね。日替わり定食がメインになりますが、メニューを選べる場合もあります。

3食付のリゾートバイトでも、毎食寮の食堂で食べるわけではありません。勤務時間帯によって、昼と夜は職場の社員食堂であったり、お弁当が支給されたり、ということになります。なお寮に食堂が無い場合も、同じように職場の食堂やお弁当になるケースが多いようです。

勤務時間外の過ごし方

飲み会で盛り上がる

寮にいる時は基本的に勤務時間外ですので、ルールや常識を守っている限りは何をしていても問題ありませんが、バイト仲間とのコミュニケーションも寮の楽しみの一つです。

特に夜の飲み会は、リゾートバイトの出会いを良いものにするためには欠かせません。お酒の場の雰囲気で、盛り上がったりグチをこぼすことで、仲間内の絆が深まっていくのです。

ただ飲み会と言っても色々で、部屋飲みもあれば、ちょっと奮発して居酒屋さんまで出かけたり、男女の出会い要素が入ってきたりと、スタイルが決まっているわけではありません。ましてや強制参加でもありませんので、気の合う仲間と2,3人でという形もアリですし、疲れた日には寝てしまっても良いでしょう。

もしあなたが主催者になる場合は、お酒が苦手な人でも皆との時間を楽しめるような雰囲気づくりをしてあげれると素敵ですね。

寮の情報を知るには派遣会社がおすすめ

リゾートバイト探しをしている段階で、職場の寮の情報まで手に入れることは少々難しいです。求人サイト等で写真を一部公開していることもありますが、「寮有り」としか記載が無い場合も多いのです。

リゾートバイトの快適性は寮の良し悪しで決まると言っても良いため、寮の備品や周辺の環境、相部屋なら何人部屋なのかなど、出来るだけ詳しい情報が欲しいところです。

そこで頼りになるのが派遣会社です。派遣会社は提携企業の寮について当然知っていますし、過去にスタッフを派遣したことがあれば、さらにリアルな情報も持っているはずです。

担当者から条件面・施設などに関する資料を見せてもらい、相談しながら仕事を決定していくため、寮についても自分一人で仕事探しをするより断然判断材料が多くなります。

派遣会社経由のリゾートバイトは、寮費・光熱費・食費が無料になるケースがほとんどだという点も魅力ですね。

参考ページ:派遣会社の賢い選び方

リゾートバイト初心者にやさしい派遣会社は?

リゾートバイトが初めてなら、派遣会社を利用するのが安心です。

当サイトでは、リゾバ経験者約70名を対象に行ったアンケートを元に、初心者におすすめの派遣会社ランキング(←詳細はこちら)を作成しました!

第1位

アプリ

(公式サイト:はたらくどっとこむ

業界大手としての幅広い求人と、担当コーディネーターの丁寧なケアで、リゾバ経験者から高い評価を受けているのがアプリです!

【詳細ページおすすめの派遣会社を一社挙げるなら、アプリ。

第2位

ヒューマニック

(公式サイト:リゾバ.com

リゾバ派遣業界の老舗&最大手ヒューマニック。業界最多の求人件数と仕事ジャンルの幅広さが魅力!

【詳細ページ⇒最大手のリゾバ派遣会社・ヒューマニックとは?

第3位

アルファリゾート

公式サイトはこちら

個室寮の多さ、高時給の仲居求人が豊富な点で、女子を中心に評価が高いのがアルファリゾートです!

【詳細ページ⇒女子のための派遣会社・アルファリゾート

このページの先頭へ