リゾートバイトの業種-ホテル・旅館・レジャー・飲食など-

リゾートバイトの業種

リゾートバイトを募集している業種は、ホテルやレジャーなどの観光業がメインです。飲食業などの求人もありますが、そのほとんどが観光客をターゲットにしていますので、広い意味で言えば観光業でしょう。

ここではリゾートアルバイターたちが活躍する業種を紹介していきます。(細かい職種については、資格は不要!未経験者OKの職種 資格・スキルが必要!一目置かれる職種 をご参照ください。)

スポンサードリンク

宿泊施設(ホテル・旅館・ペンション)

ホテルエントランス

リゾートバイトのメインの業種とも言えるのが、ホテルや旅館と言った宿泊施設です。どこの観光地でも宿は必ずあり、募集も多いため、「リゾバがしたいけど、どの仕事を選んだらいいのかよく分からない…」という人は、ひとまずホテルや旅館の求人を探すと良いでしょう。

主な業務内容

  • 客室係(仲居):客室や食事処、宴会場での配膳・片付け、お出迎え・お見送りなど
  • フロント:チェックイン&アウト、館内外の施設のご案内、ご要望・苦情への対応など。
  • ベル:お出迎え・お見送り、荷物の運搬とお部屋へのご案内、館内外のご案内など。
  • 調理:館内レストラン・カフェ等での調理や調理補助など。
  • ホールスタッフ:館内の飲食施設での接客、配膳や片付けなど。
  • 売店スタッフ:館内の売店やお土産物屋さんでのレジ打ち、陳列、商品管理など。
  • 裏方:客室・浴場・その他施設の清掃や布団敷き、備品の補充など。

雇用期間が決まっているリゾートバイトだからといって、任されるのは下っ端の業務ばかりではありません。ホテルの顔とも言えるフロントの仕事や、旅館の最前線でお客様のお世話をする仲居の仕事などでもバイトスタッフが活躍しています。

調理部門には熟練のシェフがいる職場も多く、シビアな仕事ながらもやりがいがあり、料理の道でスキルアップをしたい人には最適です。

売店はコンビニの業務に似ていますが、宿泊施設の一部だという意識は必要。裏方と呼ばれる職種は、地味で体力のいる仕事が多いのですが、お客様と顔を合わすことはほぼ無いので、接客が苦手な人にも向いています。

お客様と接する機会がある全ての職種に言えるのは、サービス業向きの言葉遣いや礼儀、笑顔、その観光地の基礎知識などは必要だということ。あなたが接するお客様にとっては、職種も正社員もバイトも関係なく、あなたこそがホテル・旅館の代表なのです。

なお、規模が小さいペンションや民宿になると、はっきりとした職種などは無く、オーナーや他のスタッフと協力して全ての業務をこなすことになります。

必要なスキルや資格

調理に関してはホテル・旅館の評価を決める看板部門のため、調理師免許や相応の実務経験が求められます。経験が少ない場合は調理補助を担当することに。

求人が多く、未経験者歓迎の職種は飲食施設のホールスタッフや旅館の仲居でしょう。逆に経験者が有利なのはフロントや調理です。フロント希望でもホテル勤務未経験者はベルサービスからのスタートになることが多いです。

ただ、その他の職種も含め経験が必須という部門はあまり無く、それよりは礼儀やコミュニケーション能力、人柄が問われるケースがほとんどですね。

レジャー

マリンスポーツ

沖縄で言えばダイビングショップなどのマリンレジャー業、北海道、長野などで言えばスキー場の仕事がレジャーの業種にあたります。また、各地のテーマパーク等もここに含まれます。その土地の最も魅力的な部分をお客様に伝える、華のある業種で、バイト応募者からも人気があります。

主な業務内容

  • インストラクター:職場に応じたレジャー(ダイビングやスキー)の指導、ガイドなど。
  • ライフガード:ビーチでの安全監視、救助など。
  • ビーチスタッフ:パラソルの設置やレンタル用品の貸し出し、軽食の販売など。
  • パトロール:スキー場でのけが人の発見・救助、ネット・ロープの設置や補修など。
  • 施設管理:スキー場のリフト係やテーマパークのアトラクション施設の説明や操作など。
  • 受付・事務・販売:ビーチでのマリンスポーツ受付やスキー場のリフト券販売・インフォメーション、テーマパークのチケットやグッズ販売など。

レジャーはもともと季節労働色が強いジャンルなので、期間限定のバイトスタッフが大活躍する業種です。トップシーズンはスタッフの大半がバイトで占められることも。

インストラクターの仕事はほとんどが資格を求められるので、基本的に正社員のスタッフが多くなる職種ですね。

ライフセーバーやパトロールなどに代表されるように、多くの職種が海や雪山の現場で安全を守る役割を持つため、ある程度の緊張感が必要です。

また、全ての職種がお客様に接する機会があります。かしこまった礼儀作法は要りませんが、最低限の敬語やあいさつなど、接客業に必要なスキルは備わっていないといけませんね。レジャー業のリゾバスタッフの中には、仕事と兼ねてダイビングやスキーを楽しみに来ている人も多いのですが、遊び重視の姿勢などはもってのほかで、浮かれ過ぎは良くありません。

なお、よほど大きな会社でない限り業務はあまり分業せず、手の空いた人が率先して色んな仕事をやることになります。

必要なスキルや資格

ダイビングインストラクターは各ダイビング指導団体のインストラクター資格が必須です。資格取得までは、最短でも半年程度の期間とその費用がかかるので、全くの未経験者にとっては現実的ではありません。

シュノーケリングインストラクターであれば、2週間程度で取得でき(現地に到着してからでも可)、ダイビングと比べると実務も覚えやすいので、バイトスタッフでも充分戦力になります。

ライフセーバーに関しては充分な泳力があることはもちろん、日赤救急法などの救急関連の講習受講歴が必要です。ダイビング/シュノーケリングインストラクターに関しては取得過程に救急法の習得も含まれています。

スキーインストラクターはスキー団体の上級資格(SAJバッジテスト2級相当以上)が必要です。また、パトロールはライフセーバーと似た職種で、スキーの技能の他救急法が身に付いていることが応募条件です。

救急法については現地でも講習を受けることが出来る場合もあります。その他の職種に関しては、未経験者でもまず問題はありません。

飲食店

レストラン

レストランやカフェ、居酒屋さんもリゾートバイトを募集している業種です。飲食店は誰もが馴染みがある業種なので、リゾートバイト初心者やバイト自体が初めてという人でも、すんなりと馴染むことが出来るのが魅力。

また、海や雪山からちょっとだけ距離を置く場合もありますが、営業時間やシフトがはっきりしているので、意外と自由度が高く、仕事と遊びをしっかり両立したい人向けかもしれません。

主な業務内容

  •  調理:調理場での調理、食器の準備・片付けなど。
  • ホールスタッフ:ホールでの配膳・片付け、接客など。

リゾートでなくてもよくある業種なので、仕事内容に覚えがあるアルバイターも多いと思います。

スキー場やビーチに併設されているレストランから、海辺のカフェ、地元色の強い居酒屋さんまで様々ですが、ホテル内のレストランと比べると、お客様との距離がグッと近づくので、礼儀作法と言うよりは最低限のマナーがあれば充分。むしろお客さんから気軽に声をかけられるような親しみやすさも必要でしょう。

職場の規模にもよりますが、仕事はホールと厨房(調理)で大きく分けるだけというスタンスが多く、基本的に清掃などの雑務は皆で協力して行います。

必要なスキルや資格

調理を希望ならば調理師免許が必要ですが、調理補助やホールであれば未経験者でも歓迎してくれるところが多いです。

リゾートバイト初心者にやさしい派遣会社は?

リゾートバイトが初めてなら、派遣会社を利用するのが安心です。

当サイトでは、リゾバ経験者約70名を対象に行ったアンケートを元に、初心者におすすめの派遣会社ランキング(←詳細はこちら)を作成しました!

第1位

アプリ

(公式サイト:はたらくどっとこむ

業界大手としての幅広い求人と、担当コーディネーターの丁寧なケアで、リゾバ経験者から高い評価を受けているのがアプリです!

【詳細ページおすすめの派遣会社を一社挙げるなら、アプリ。

第2位

ヒューマニック

(公式サイト:リゾバ.com

リゾバ派遣業界の老舗&最大手ヒューマニック。業界最多の求人件数と仕事ジャンルの幅広さが魅力!

【詳細ページ⇒最大手のリゾバ派遣会社・ヒューマニックとは?

第3位

アルファリゾート

公式サイトはこちら

個室寮の多さ、高時給の仲居求人が豊富な点で、女子を中心に評価が高いのがアルファリゾートです!

【詳細ページ⇒女子のための派遣会社・アルファリゾート

このページの先頭へ