リゾバ体験談インタビュー【男性編】

リゾートバイト体験談

リゾートバイトの実際を知るには、体験者の生の声を聞くことも大切です。

各派遣会社や求人サイトの掲載情報が当たり障り無い内容なので、主観たっぷりの体験談がかえって参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

リゾートバイトの実際を聞いてみました

今回はリゾバ体験談の男性編インタビューです。女性編はこちらのページをどうぞ。もちろん、男女関係無く参考になるお話が聞けております。

この度お話をお聞きすることが出来たのは、沖縄本島でマリンレジャー関連のリゾートバイトを経験された、現在30代の男性・Sさんです。

リゾートバイトに至る経緯

リゾバをしよう!

管理人(以下):まずはリゾートバイトを始めた経緯を教えていただけますか?

Sさん(以下S):僕は22歳くらいの頃、ダイビングインストラクターに憧れて、自分の職業にしたいと思うようになりました。当時、と言うか今もあまり状況は変わっていませんが、ダイビングインストラクターになる手段は限られていて、一番お金が掛からないのが、ダイビングショップで働きながらインストラクターを目指すという方法だったんです。それで、ダイビングの本場である沖縄の業者を当たって、バイトスタッフとして働くことにしました。

:今はダイビングインストラクターをされているんですか?

S:はい。バイトとして働き始めたショップに今も勤務していて、現在は現場の責任者の立場で仕事をしています。

:Sさんのように、リゾートバイトから順調にステップアップして、夢を実現される方は多いのでしょうか?

S:うーん、正直なところ多くないですね…。ダイビングに限らず、リゾートの仕事は楽しいことばかりだと思われがちですが、実は地味でキツイ仕事の連続です。イメージとのギャップを感じて、ほとんどの人が1,2年で辞めてしまいます。実際僕も、ここまで順調だったわけではありません。

:バイトを始める際は、ダイビングショップをご自身で探して、直接お願いをされたんですか?

S:そうですね。当時はリゾバ系派遣会社も今のような勢いはありませんでしたし、そもそもダイビングショップは労働条件的に派遣会社と提携するのは難しいと思います。

:具体的にはどういうことでしょうか?

S:シンプルに言うと「低賃金」で「長時間労働」だということです。職人的な考えの業界なので、休みが無いだとか給料が安いだとか言うヤツは認めてもらえないんですね。そうなると、きちんとした労働条件、環境が整っている職場とは言いにくいので、ダイビング業者は派遣会社とはスムーズに契約が出来ないわけです。最近は改善されてきているようですが、以前はほとんどがブラック企業と言っても良かったと思います。

:それで、自ら職場を探されたと。

S:はい。僕の場合、それなりに修行的なものを覚悟していたので、労働環境のことなどは気にしていませんでした。インストラクターを育成するような制度や体制が整っていることを重視して、ショップを探していきました。

:夢や目標を持っている人の場合、ストイックさが求められると言うか、一般のリゾートバイトとは別のくくりで考えた方が良さそうですね。

S:そう思います。

バイトの日々

海の仕事とは

:では、仕事も生活も厳しかったと思われるバイト時代についてお聞きします。実際、勤務時間やお休みはどの程度あったのでしょうか?

S:勤務時間は朝7:30から夜8:00過ぎくらいまででした。場合によっては、お客様のお食事にお付き合いして11~12時頃に帰宅ということもありました。うちは業界の中では恵まれている方で、他のダイビングショップは毎日日付が変わるまで仕事という場合もあるようです。この辺は、トップの考え方や店の営業スタイルによると思います。うちは上司が休日をしっかり消化させてくれるので、毎月4~6日程度は休めます。今もバイト時代も同じです。これでも、一般企業と比べると休みが少ないですけどね。

:不躾ですみませんが、給与はいかほどだったのでしょうか?

S:お金を生まない研修生扱いなので、月に数万円程度です。給与と言うよりは生活費の支給程度ですね。正規雇用スタッフですら低賃金の世界ですので、文句は言えません。

:寮生活はどのようなものでしたか?

S:車で職場に通える距離のアパートに、他のスタッフと3人で相部屋生活をしていました。建物自体も古かったですね。ダイビングショップをはじめ、マリンレジャー業の場合、自社専用の寮を持っていることはほとんどありません。多くは一般のアパートの一室を借り上げたり、ダイビングショップに併設するペンションの小部屋を使うことになります。

:実際の業務で大変だった点を教えて下さい。

S:まぁバイトとは言え、自分の意思でやりたくてやっている仕事なので、不満を不満と思わないようにしていました。ただ、自分がインストラクター資格を取得するまでは、本格的に接客業務を行えないため、歯がゆさはありました。

仕事以外の部分について

仲間とのリゾートバイト

:沖縄のリゾートバイトと言うと楽しい休日をイメージされる方が多いと思うのですが、バイト時代は休日はどう過ごしていましたか?

S:定番の観光スポットも良いですが、せっかく沖縄に住んでいるので、先輩たちから情報を集めて、地元の人たちが行くような食堂やカフェを回りました。ただ、バイト時代は修行の身なので、あまり思い切り遊びまわることは出来ませんでしたね。

:恋愛関係はどうでしたか?

S:大きな会社ではないので出会いは限られてしまいます。それでも職場内恋愛は多かったように感じています。

:それでは最後に、これからリゾートバイトを始める人にアドバイスをお願いします。

S:僕のように目標や夢を持っている人は、リゾートバイトらしい楽しさは望めないかもしれません。それでも、夢の実現へは最短の道のりだと思いますし、僕自身後悔したことは一度もありません。自分のやる気しだいで、どんな環境でも充実するのがリゾートバイトだと思います。

:本日はお忙しい中、ご協力ありがとうございました。

こちらのページでも、皆さんの体験談をご紹介していますので、参考にしてみて下さい!

リゾートバイトがきっかけで結婚した人の恋愛体験談

リゾバ体験者達の本音の口コミ集めました!

リゾートバイト初心者にやさしい派遣会社は?

リゾートバイトが初めてなら、派遣会社を利用するのが安心です。

当サイトでは、リゾバ経験者約70名を対象に行ったアンケートを元に、初心者におすすめの派遣会社ランキング(←詳細はこちら)を作成しました!

第1位

アプリ

(公式サイト:はたらくどっとこむ

業界大手としての幅広い求人と、担当コーディネーターの丁寧なケアで、リゾバ経験者から高い評価を受けているのがアプリです!

【詳細ページおすすめの派遣会社を一社挙げるなら、アプリ。

第2位

ヒューマニック

(公式サイト:リゾバ.com

リゾバ派遣業界の老舗&最大手ヒューマニック。業界最多の求人件数と仕事ジャンルの幅広さが魅力!

【詳細ページ⇒最大手のリゾバ派遣会社・ヒューマニックとは?

第3位

アルファリゾート

公式サイトはこちら

個室寮の多さ、高時給の仲居求人が豊富な点で、女子を中心に評価が高いのがアルファリゾートです!

【詳細ページ⇒女子のための派遣会社・アルファリゾート

このページの先頭へ