リゾバの最終形?ツアーコンダクターになる方法

リゾートバイトとツアーコンダクター

リゾートバイトをしようと考えている人や経験者の中には、旅行が好きな人も多いですよね。

そして、旅を愛する人にとって究極の職業とも言えるのが「ツアーコンダクター」。その名称はよく知られていますが、未経験でも、今からでも、あなたでも目指すことが出来るということをご存知でしょうか?

ここでは、あえてリゾートバイトではなく、ツアーコンダクターという仕事についてご紹介したいと思います。

ツアーコンダクターとは

ツアーコンダクターとは

ツアーコンダクターは、お客様の旅行に同行し、その日程や行程などを管理する専門職です。高校や中学校の修学旅行にも同行していることが多いので、お世話になった経験がある人もいるでしょう。

業務内容

ツアーコンダクターの業務内容を、さらに具体的に挙げてみます。

  • 旅行先の調査(交通状況・地理・歴史、海外なら治安・インフラなども)
  • 航空券や必要書類の管理
  • 空港手続き(出入国・税関検査)のサポート
  • 航空機搭乗のサポート
  • 安全管理への注意(盗難など)
  • 現地名所・ホテル・レストランの案内
  • 自由観光の際のアドバイス
  • 現地でのスケジュール管理

 

楽しい旅行の陰で、ツアーコンダクターは様々な気配り・目配りをしているんですね。

その仕事を簡単に言い表すと、「旅行に行く時、自分でやるにはちょっと面倒で不安なこと」をスマートに代行&お手伝いしてあげる業務。

当然それ以上の仕事も期待されることはあるでしょう。その結果、旅行の満足度を高めるのがツアーコンダクターという職業です。

職業としてのツアーコンダクターの魅力

ツアーコンダクターという職業を考えた時、やはり魅力になるのは、大きなやりがいがある仕事だということです。

旅行を仕事に出来る

旅行が好きな人にとってはこれが一番かもしれません。

仕事は人生の半分以上のウェイトを占めていると言う人もいますが、その仕事が丸ごと旅とともにあるわけですから、本当に自分の好きな生き方が出来ることになりますよね。

世界を見れる

ツアーコンダクターになれば日本はもちろん、世界中を見て回ることが出来ます。満員電車に揺られ、狭いオフィスに閉じこもっていては、見られない景色がそこにはあるでしょう。

ドラマ性や感動のある仕事だと言えますね。

英語力を活かせる

専門的な勉強や留学、ワーキングホリデーを通じて英語力を磨いた人は、その能力を存分に活かすことが出来ます。

必須では無いものの、現時点で英語が話せる人は、早くに海外デビューも可能な即戦力になれるということですね。

感謝される仕事

ツアーコンダクターの仕事には、楽しさ・華やかさの裏に、地道な作業や配慮が積み重なっています。

決して楽ではありませんが、お客様から「ありがとう」と言葉で感謝してもらえることも多く、やりがいのある仕事でしょう。

ツアーコンダクターの働き方

ツアコンの働き方

ツアーコンダクターの働き方としては大きく二通りがあります。

一つは旅行会社に所属するパターン。もう一つは、旅行会社と契約を結ぶツアーコンダクター専門の派遣会社に登録するパターンです。

旅行会社に所属するツアーコンダクター

ツアーコンダクターは、皆さんがよく知るJTBやHISといった旅行会社に勤務しています。一般的にイメージされるのはこのパターンではないでしょうか。

しかし普通、旅行会社では営業や企画、手配という様に業務が細分化され、実際にツアーコンダクターとしての仕事をしている人は多くありません。

旅行会社と言うと、「色んな所に旅行に行けて楽しそう!」と思われるかもしれませんが、地道に内勤をこなす人の方が多数派なんですね。

私たちがお世話になることが多いのは、実は派遣会社から来ているツアーコンダクターなのです。

派遣会社に登録するツアーコンダクター

現在活躍中のツアーコンダクターのほとんどが、専門の派遣会社から旅行社のツアーへと派遣されている方々です。

派遣会社に登録した後、ツアーの打診を受けて仕事に出発するという形になります。旅行社勤務よりは立場が不安定になる一方で、実力や努力次第でたくさん仕事が入り、また会社に縛られないため生活の自由度も高くなるのが特徴ですね。

リゾートバイトも派遣が主流ですし、観光や旅行がテーマであることも共通しているので、リゾートバイトに興味がある人や経験者は、似た感覚で働けるスタイルかもしれません。

代表的なツアーコンダクター派遣会社としては旅行綜研(後でもう少し詳しく紹介)などがあります。

必要な資格やスキル

ツアーコンダクターに必要な資格は旅程管理主任者。スキルとしては、実用的な英語力(海外旅行に添乗する場合)が求められます。

旅程管理主任者

旅程管理主任者の資格は、観光庁が定めた機関で研修を受け、一定の実務経験を積むことで取得できます。

旅行会社や派遣会社で研修を受け、実務をこなしながら取得するパターンが一般的です。

なお旅程管理主任者には、総合旅程管理主任者と国内旅程管理主任者があり、海外旅行の添乗をするには総合旅程管理主任者の資格が必要です。

英語力

海外ツアーを視野に入れているなら必要になるのが英語力です。国内旅行の添乗では語学力は問われませんが、海外ツアーの仕事こそツアーコンダクターの醍醐味でもあります。

英語のみならず、ドイツ語やフランス語、イタリア語などの第2外国語もある程度出来ると強いでしょう。スペイン語も中南米の多くの国をカバーするのでおすすめです。

海外まで仕事の幅が広がると、収入面でもかなり違ってくるので、語学はぜひ欲しいスキル。今は自身が無い人でも、ツアーコンダクターになって、国内旅行の経験を積みながら勉強していく人も多いので安心してください。

人間的な資質

ツアーでは不測の事態も起こりうるので、判断力と決断力があり、臨機応変に行動できる人がツアーコンダクターとして活躍できます。

また、人と積極的に関わる仕事なので、明るく社交的で、人が好きであることも大切です。

その他に、ツアーコンダクターの性質上、リーダーシップを取れることも大事。なおかつ、縁の下で細かい配慮が出来ると良いですね。

求められる資質は色々ありますが、何よりも真面目に努力が出来れば、ほとんどのことはカバー可能です。どんな仕事でも、努力に勝る才能はありません。

収入や年齢

ツアーコンダクターの年齢は幅広いのですが、中心は30歳代。男女比は女性が多く、約80%が女性というデータもあります。

収入に関しては、派遣の場合で年収が300万円程度。ただ、実力を磨いて、海外旅行を中心にスケジュールを埋めれば、年収500万円以上も望めます。

旅行会社に正社員として就職した方が良さげにも見えますが、サラリーマンとしては年収が低いことで有名な業界ですので、年齢によっては派遣の方が稼げてしまうかもしれません。

ツアーコンダクターになるには?

ツアーコンダクターになるには

上でも少しお話しましたが、ツアーコンダクターを目指すなら、専門の派遣会社に所属するのが一番の近道になります。そこから、JTBやHISなどに派遣されて、ツアーを取り仕切るわけですね。

一般的な旅行会社への就職・転職も考えられますが、必ずしもツアーコンダクターになれるわけではありません。

また旅行社の場合、添乗業務よりも利益につながりやすい営業などに人材を配置する傾向もあって、ツアーコンダクターに関しては派遣会社を活用するケースがほとんどです。

ツアーコンダクター専門の派遣会社

ツアーコンダクター専門の派遣会社として、最も知られているのが旅行綜研です。

業界大手としてのノウハウを活かした、未経験からのツアーコンダクター育成に定評がある会社ですね。旅程管理主任者の資格は、もちろん研修を受けながら取得が可能です。

資格取得までの研修期間は最短で2週間。その後は国内の添乗業務をこなしながら、希望者は勉強をしながら海外業務を目指します。

また旅行綜研の提携旅行会社は、H.I.Sや阪急交通社などの大手を筆頭に150社以上あり、様々な渡航先・スタイルの旅行で経験が積めることも大きいですね。

新卒・既卒はもちろん、10代から50代まで幅広い年齢層のスタッフが活躍中で、職歴は様々。リゾートバイトを経験した人も変に浮いたりすることなく、むしろその経歴をアピールしていくことが出来る環境です。

ツアーコンダクター募集に関する説明会は随時行っているので、その仕事の内容や魅力についてもっと知りたい人は参加してみてはいかがでしょうか。

公式サイト⇒海外国内ツアーコンダクター募集!【旅行綜研】

リゾートバイトからツアーコンダクターを目指す

リゾートバイトとツアーコンダクターの仕事は、経歴として相性が良いことは、何となくイメージできますよね。

両者とも、旅行を通じての感動体験をお手伝いする仕事です。お客様への関わり方こそ違いますが、仕事の中で重要視される部分にリンクする点が多く、リゾートバイトの経験は間違いなく活かすことが出来ます

お客様が何に困っているのか?何をしたら嬉しく思っていただけるのか?という発想。また、見えないところでしっかりとお客様の不安を取り除く準備など、いずれも大事になることです。

くわえて、リゾートバイトも派遣会社経由の仕事がメインのため、スケジュール管理がしやすく、ツアーコンダクターにチャレンジしたいと思った時に、すぐ行動に移せる強みがあるんですね。

リゾートバイトを経由しないでツアーコンダクターになる

リゾートバイトは未経験の人でも、もちろんツアーコンダクターを目指すことが出来ます。

確かにリゾートバイトはプラスに働きますが、実際の応募者はこれまで観光業関連の仕事の経験が無かった人がほとんどです。リゾバ経験は無くて元々、あればなお良しと言ったところです。

そもそも、リゾートバイトに興味がある時点で、旅行が好きだったり、行動力がある人が多いので、資質的には有利なことが多いのではないでしょうか。

あなたがどんな仕事がしたいのか?を考えて、色々な土地へ行ってみたいとか、お客様の旅行全体に関わりたいという気持ちがあるなら、リゾートバイトよりツアーコンダクターの方がベターですよね。

独立も視野に入れて行動

リゾートバイトやツアーコンダクターとしての仕事を経験したその先には、独立を考えても面白いと思います。

旅行・観光に関わった経験を活かして、旅に関するビジネスを始めてもいいですし、グローバルな視点から旅行ジャーナリストとして活動するなんていうフリーランスな道もあるかもしれません。

いずれにせよ、世界を見てきたオリジナルな体験に加え、常に人と関わる仕事をして来たという点は、必ず役に立つものです。

また、派遣会社を通して仕事をすることで、「自分で仕事を取ること」「自分のスキルを武器にすること」といった考え方が磨かれます。この辺の感覚は、肩書きよりも実際の能力を重視する欧米的な部分ですね。

正社員として働く人よりも、フロンティアスピリットやハングリー精神で上回ることが出来るのも、「リゾートバイト⇒ツアーコンダクター」というルートの強みでしょう。

ツアーコンダクターを目指す上での注意点

注意点

ツアーコンダクターは魅力のある職業ですが、誰もが目指せるわけではありません。ここで少しだけ注意点を述べたいと思います。

コツコツ努力出来ることが重要

ツアーコンダクターになるには勉強が必要です。国内外問わず、旅先の地理や歴史、環境について勉強しようという意欲が無ければ務まらない仕事です。

特にそれが表れるのが語学の勉強ですね。渡航先について色々と調べるのは旅行感覚で楽しいかもしれません。一方で、英語などの勉強らしい勉強になると、一気にやる気が失せてしまう人もいるはずです。

しかし、海外ツアーこそがツアーコンダクターの仕事の醍醐味でもあり、そのために必須なのが英語力です。

国内旅行に限れば英語は要りませんが、「海外業務がしたいけど英語は勉強したくない」と言う人は、ちょっとツアーコンダクターを目指すべきではないかもしれません。

なお、始めから英語が話せないといけないわけではありませんので、勉強しよう、努力しようという意思がある人ならば、いくらでも向上していける仕事だと思います。

(※国内旅行が海外と比べて劣るということでは決して無いため、英語にとらわれず、国内旅行を専門に突き詰めていくのも面白いでしょう。)

派遣というポジション

ここまでに説明した通り、現在ツアーコンダクターの多くは派遣会社に登録して活動をしています。つまりは正社員では無いということですね。

肩書きが気になってしまう人や安定性を優先する人にとっては、この点でなかなか難しい選択になるかもしれません。

ただ、ツアーコンダクターをプロセスとして考えれば、その辺りの不安も解消できると思います。あなたが次のステージに進むためのスキルアップの場として考えるわけですね。

  • 既に英語力があってそれを活かす仕事を経験したい人
  • 人生の中で一度は好きな旅行を仕事にしてみたいという人
  • 起業のために接客・管理業務の経験を積みたい人
  • 旅行会社への転職を考えている人

 

こういった人たちにとっては、ツアーコンダクターとして一定期間働いてみることが大きなメリットになるはずです。

確かに定年までずっと派遣の身でいることには不安がありますが、その先の安定を見た時に、ツアーコンダクターは悪くない選択肢だと思います。

まとめ

まとめ

文章がとても長くなってしまったので、最後に大事なポイントを整理しておきます。

  • ツアーコンダクターとは、旅行に同行してその満足度を高める仕事。
  • 世界を見たり、自分の好きなことを仕事に出来ることが魅力。
  • 現在は派遣会社に所属するツアーコンダクターがほとんど。
  • 資格やスキルは派遣会社で働きながら修得可能。
  • リゾートバイトの経験はプラスになるが、それより大事なのは自分の意思・やる気。
  • 努力して勉強出来る人におすすめ。
  • 独立や転職へのステップアップ手段としてもおすすめ。
  • 代表的なツアコン派遣会社は旅行綜研など。説明会は随時開催。

 

公式サイト⇒海外国内ツアーコンダクター募集!【旅行綜研】

このページの先頭へ